注意点をチェック

永代供養には期限があります

近年、先祖代々の墓ではなく、夫婦二人だけが入るための「夫婦墓」を選択する人が増えています。しかし、夫婦墓には、注意しなければならない点があります。まず、永代供養についてです。永代供養とは、後継者がいないお墓でも、お墓の管理者が継続して供養を行なう事を指しますが、この永代供養には期限がある場合がほとんどです。夫婦墓の場合は、夫婦どちらかがお墓に入った時点から、永代供養の期限がスタートするため、夫婦間の年齢差が大きい場合には注意が必要です。永代供養の期間は霊園や寺院により違いがあります。 夫婦が別々の宗教・宗派である場合には、どちらかの宗派に合わせてお墓を作る必要があるため、あらかじめ夫婦間で確認しておくようにしましょう。

石の質にも注意が必要です

お墓を継承する子どもがいない、子どもが遠方に住んでいて管理することが出来ない、夫婦二人だけでお墓に入りたい、お墓を好みのデザインにしたいという場合には、夫婦墓がオススメです。二人だけのお墓ですから、好みに合わせて自由にアレンジすることが出来ます。さらに、一般的なお墓よりも、手頃な価格で購入することが出来ます。 墓石を選ぶ際には、デザインはもちろんのこと、石自体の耐久性も確認すると良いでしょう。一般的に、吸水性の低い石の方が長持ちすると言われています。さらに、決めの細かな石の方が成分が詰まっているため、決めの細かな石を選ぶようにしましょう。 分からないことや不安に感じることがあれば、購入前に確認するようにしましょう。