永代供養の歴史

現在の取り組みやトレンドはどのようになっているか

初めて永代供養が誕生したのは、昭和60年頃です。その後、20年以上たち少子高齢化や核家族化、結婚をしない人の増加により、従来のようなお墓の維持や手入れが大変になってきています。 そのため、永代にわたる供養を寺院にお願いする永代供養の考え方が広まっており、利用者は日々増加しています。最近では、終活の一環として自分の死後のことを考えてお墓などを用意することもあります。そのような方にも永代供養は広く選ばれています。その様式も仏壇型やお墓の形など種類も多様化しています。

永代供養を利用するにはどうしたらよいか

永代供養を行う寺院は、全国各地にありますし、供養の方法や値段についてもその寺院ごとに違いがあります。ですので、自分にあったものを選ぶことが必要です。さらに、永代供養であっても必要なときは通常のお墓と同じようにお墓参りをすることができますので、家族が参拝しやすいような立地条件のお寺を選ぶことも、将来のためには有効です。 現在では、インターネットサイトなどでさまざまなことを比較することもできます。ですので、まずはしっかりと調べたうえで、現地に行くなどしてどのような永代供養のお墓を選ぶのかを決めると良いです。費用についても、一度支払うだけで法要の追加料金がいらないところもあります。遺族に負担をかけないならそういったところを選ぶ選択肢もあります。