注意点をチェック

最近では夫婦2人だけでお墓に入る夫婦墓を選択する人が増えてきています。夫婦墓を選択する時に注意すべき点は、永代供養です。永代供養は霊園や寺院によって期間は異なるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

Read more

永代供養の歴史

永代供養は、現在500ほどの寺院が行っており、全国各地に広がってきています。戦後、民法の改正により家制度がなくなってきました。そのような中、昭和60年に最初の永代供養墓が比叡山延暦寺に建立されました。

Read more

葬儀の様子

費用のことを話し合う

大阪で家族葬するならコチラがオススメです。近年多くなってきている家族葬を始め少数人数での葬儀も執り行っています。

葬儀会社も、様々なプランを用意している

不幸にも身内が亡くなったら、お葬式をあげなければなりません。 しかしこのお葬式にかかる葬儀費用については、よく分からない人も多くいると思います。 お葬式は楽しいことではないので、日頃から葬儀費用について話すことはあまりありません。 そのような理由もあり、お葬式をあげなければならない段階において戸惑ってしまう場合も多々あるのです。 すべてを葬儀会社任せにしてしまっても良いのですが、そうすると費用はけっこうかかってしまいます。 ですから葬儀費用については、日頃から話し合う必要があります。 お葬式については、葬儀会社の方でも様々なプランを用意しています。 ですから納得のいくお葬式をあげるためにも、どのプランで葬式をあげるのかを慎重に考えるべきです。

家族葬だと、葬儀費用はあまりかからない

お葬式をあげる時には、葬儀費用が問題となってきます。 最近では、お葬式にも様々なプランが用意されているので、どのプランでお葬式をあげるのかを考える必要があります。 お葬式をあげるときには、どれ位の方が来て下さるかを考える必要があります。 来て下さる人の数によって、お葬式の形態も変わってくるので、その点をまず考える必要があるのです。 来て下さる人の数が多い場合は、規模を大きくしなければならないので、それだけ葬儀費用もかかります。 ですからその点には、十分に注意する必要があります。 最近では、身内だけでお葬式をあげる家族葬をする人が増えています。 家族だけでしめやかに、亡くなった方を弔いたいと考えている方も増えてきています。 家族葬の場合には、葬儀費用もそれほどかからずに済みます。 このように葬式費用はお葬式の形態によって変わってきますので、それについて日頃から話し合っておく必要があると思います。

メリットが多い

近年では霊園でお墓を購入する代わりつぃて、納骨堂を利用する人が増加しています。お墓ではなく、なぜ納骨堂を利用するのかというと、掃除や草取りが不要だったり、普通の墓より安価だったりというメリットがあるからです。

Read more

オススメリンク

  • 大機院

    前もって情報を得ておきませんか?京都で永代供養がお勧めされていますよ。個人墓ではなく代々墓としても活用できちゃいます。
  • 八光殿東大阪

    親身になって対応をしてくれるのでお勧めされています。葬式を東大阪で行ないませんか?まずはプランの内容をご確認ください。